学校だより 令和2年3月号                    TOP学校長挨拶学校だより>3月号
 

     
  伝統と特色                              校 長  芦沢 茂樹
   
  平成31年度/令和元年度もあと1ヶ月となりました。学校では2月1日に、保護者の皆様から評価いただいた
 アンケートをもとに、学校評価員の皆様に今年1年間の秋津小学校教育活動を評価していただきました。基礎
 学力、自己有用感、体力向上、食育、保護者・地域との連携、情報発信について、9割を超える保護者の皆様に
 「よい」「おおむねよい」の評価をいただきました。しかし、本年度の重点課題としたオリパラ、人権教育、食育に
 関して、「よい」という評価だけで見ると、いずれも全体の5割に達しませんでした。学校が考えた重点を保護者、
 地域の皆様にもご理解いただき、価値あるものと認めていただけるよう、改善を進めて参ります。

  3月5日、6年生を送る会を行います。秋津小学校のシンボルである校章旗と、秋津小学校を牽引していく
 リーダーとしてのシンボルである秋津の舵を6年生から5年生に引き継ぎます。6年生は「世のため、人のため、
 秋津小のため  それを自分の糧に」をテーマに、秋津小のリーダーとして、頑張ろうという気持ちをもち、毎日
 校章旗を揚げ続けてくれました。自己肯定感が全国平均の2倍、給食残菜が毎日ほぼ0、挨拶の響く学校などの
 立派な成果として示してくれたことを、嬉しく思います。これらの成果を受け継ぎ、発展させていくのが次の
 リーダーである5年生と1年生から4年生までの在校生の役目です。
  秋津小学校はどんな学校ですか。よさは何ですか。と尋ねられた時、「一人一人が自分に自信をもっている
 学校です」「給食をよく食べる学校です」「挨拶の響く学校です」と子供達が胸を張って言えた時、そして保護者・
 地域の皆様に価値あるものとして認識、評価していただけた時、それは秋津小学校の伝統となり、特色となるの
 だと思います。
  現在の秋津小学校の特色は2年前から「オリンピック・パラリンピック教育」としていますが、今までの特色を
 オリパラの4つのテーマである「精神」「スポーツ」「文化」「環境」にあてはめたもので、その意味では永く秋津小の
 特色としているものです。「一人一人が自分に自信をもつこと」と「挨拶が響く」ことは「精神」の、「給食をよく
 食べる」ことは「食育」の成果と言えるものです。昨年度より、毎週水曜の朝、秋津オリパラタイムを実施し、継続
 して取り組んでいますが、本年度の実践を見直し、結果が現れるオリパラ教育を進めていきたいと考えています。
  111名の6年生が秋津小学校を巣立っていく日まであと僅かです。5年生が最上級生に、各学年が1つずつ
 進級し、新しい1年生を迎える日も近付いて参りました。この1年間、子供達の健やかな成長を常に見守り支えて
 くださった、保護者、地域、関係機関の皆様に厚く御礼申し上げます


戻 る