学校だより 平成31年3月号                    TOP学校長挨拶学校だより>3月号
 

     雨だれ石を穿つ                             校 長 芦沢 茂樹

   平成30年度もあと1ヶ月となりました。学校では1月26日に、保護者の皆様から評価いただいたアンケート
  をもとに、学校評価員の皆様に今年1年間の秋津小学校教育活動を評価していただきました。基礎学力、自
  己有用感、体力向上、食育、保護者・地域との連携、情報発信について、9割を超える保護者の皆様に「よい」
  「おおむねよい」の評価をいただきました。しかし、「よい」という評価はいずれも全体の5割に達していません。
  「悪い」とは思わないが「よい」とまでは言えないという評価を重く受け止め、改善を進めて参ります。

   明日3月1日、6年生を送る会を行います。秋津小学校のシンボルである校章旗と、秋津小学校を牽引してい
  くリーダーとしてのシンボルである秋津の舵を6年生から5年生に引き継ぎます。本年度の授業日数は209日
  です。(1年生から4年生は208日)6年生は毎日、「今日も『笑顔あふれる楽しい秋津小学校』であり続けるた
  めに、秋津のリーダーとして、頑張ろう。」という気持ちをもち、校章旗を揚げ続けてくれました。
   5月の学校だよりで「雨垂れ石を穿つ」(あまだれいしをうがつ 漢書 枚乗伝)という言葉を紹介しました。何
  事も根気よく続けていればいつか成果が得られるということのたとえです。「目標の実現に向け、根気強く努力
  し続けてほしい」と書きましたが、子供たちは、この1年間6年生のリーダーシップのもと、努力を積み重ねてき
  ました。自己有用感99%や給食残菜が全国平均の1/10、挨拶の響く学校などの成果として表れたことを、嬉
  しく思います。一年間のまとめの時期3月、一人一人自分が努力し続けてきたことを振り返り、成果を実感して
  ほしいと願っています。
   学校では、今年1年間「オリンピック・パラリンピック教育」に力を入れて参りました。都内全公立小中学校、高
  等学校で進めているオリパラ教育ですが、保護者・地域の皆様に活動の様子が伝わっていないという課題があ
  りました。そこで本年度、従来からある秋津小学校の特色ある活動をオリパラ教育に位置づけ、毎週水曜朝の
  秋津オリパラタイムを中心として1年間継続して取り組んで来ました。南昇降口にはオリパラコーナーを設置し、
  毎月の学校だよりではオリパラに関する活動を報告し続けて参りました。おかげさまで「良い」の評価は昨年度
  の15%から28%と倍増いたしました。しかし、「おおむね良い」を合わせても86%と、目標の90%には届きま
  せんでした。本年度の実践を見直し、改善策をみつけ、さらに充実したオリパラ教育を進めていきたいと考えて
  います。

   85名の6年生が秋津小学校を巣立っていく日まであと僅かです。5年生が最上級生に、各学年が1つずつ
  進級し、新しい1年生を迎える日も近付いて参りました。この1年間、子供達の健やかな成長を常に見守り支え
  てくださった、保護者、地域、関係機関の皆様に厚く御礼申し上げます。

 

戻 る