東村山市立萩山小学校 学校いじめ防止基本方針
TOP学校長挨拶>いじめ防止基本方針  
 
 平成31年4月1日
  

1 基本的な考え方

  いじめは、いじめを受けた児童の心に永く深い傷を残すものである。

いじめはどの学校にも、どの学級にも起こり得るという認識の下、未然防止の取組を日常的に行うとともに、万一いじめを把握した場合には、「いじめ総合対策【第2次】」(東京都教育委員会 平成292月)に則り、総力をあげて速やかに解決する。とりわけ、児童の尊い命が失われることは決してあってはならない。

いじめの早期発見・早期対応を基本とした以下のような取組を講じていく。

 

(1)いじめを生まない、許さない学校づくり

  <いじめについて、児童の理解を深める>

児童がいじめについて深く考え理解するための取組として、道徳の時間を核として、縦割り班活動、「いのちとこころの集会」等学校生活のあらゆる機会を通して、児童がいじめを絶対に許さないことを自覚するように指導する。

 

(2)児童をいじめから守り通し、いじめの解決に向けた行動を促す

  <いじめられた児童を守る>

     いじめられた児童からの情報やいじめの兆候を確実に受け止め、いじめられた児童が安心して学校生活を送ることができるようにするため、いじめられた児童を組織的に守り通す取組を徹底する。

   <児童の取組を支える>

     周囲の児童が、いじめについて知っていながらも「言ったら自分がいじめられる」などの不安を抱えている可能性があることを学校が認識し、周囲の児童の発信を促すための児童による主体的な取組を支援するとともに、教員等に勇気をもって伝えた児童を守り通す。

   

(3)教員の指導力の向上と組織的対応

   <学校一丸となって取り組む>

     職員会議や生活指導全体会、各種研修会を通して教員のいじめ問題への鋭敏な感覚と的確な指導力を高め、いじめに適切に対応できるようにする。また、教員個人による対応に頼るだけでなく、学校全体による組織的な対応を行う。

   <地域全体で取り組む>

     いじめが複雑化・多様化する中、学校がいじめ問題を迅速かつ的確に解決できるようにするため、保護者や地域、関係機関と連携し、地域全体でいじめ問題解決に向けて取り組む。

 

2 いじめ防止に関する学校の組織体制等

(1)「学校いじめ対策委員会」の構成

    校長、副校長、主幹教諭(教務・生活・研究)、保健主任、養護教諭、スクールカウンセラー

    特別支援教育コーディネーター、(該当学年担任)

 

 (2)「学校いじめ対策委員会」の校内組織等の位置付け等

    「いじめ防止・不登校対策委員会」として組織に位置付ける。

 

(3)「学校いじめ対策委員会」の主な取組内容 【実施予定時期等も記載する。】

   ・校内研修の実施(年間12回、各職員会議時等)

・「学校サポートチーム」との連絡会議の開催(年間3回)

・「いじめに関する授業」の実施に関する計画、実施(授業:2月)

・「いじめ実態調査」の実施・分析・活用(6月、11月、2月)(5年間保管)

・「いじめ発見のチェックシート」を用いた定期的な観察

・学校だより、学年だよりや保護者会での啓発

・いじめを受けた児童、保護者に対するケア、加害児童、保護者の子供に対する指導

 

(4)「学校サポートチーム」の構成(役職等)

   ・子供を守る地域防犯連絡協議会世話人

・萩山ファンクラブ事務局長 ・萩山町体力つくり委員会役員 ・東村山社会福祉協議会会長

・萩山町社会福祉協力員会地区長 ・青少年対策委員会第三地区役員 ・PTA会長     

 

(5)「学校サポートチーム」の主な取組内容

   ・いじめの実態についての情報共有

   ・地域への啓発、広報

   ・地域での見守り

   ・問題発生時における学校への協力

 

3 4つの段階に応じた具体的な取組

(1)未然防止のための取組

   ・東村山市が推進する「いのちと心の教育」の年間を通じた取組

    (道徳教育、人権教育の充実)

   ・道徳授業地区公開講座において「いじめに関する授業」の実施

   ・本校教育のキーワードは・ぎ・や・ま(ま:真心)の具現化

・分かる授業、異年齢集団による活動、体験的活動等を通し、自尊感情、自己肯定感を高める取組

   ・萩山小生活スタンダードの策定を通した基本的生活習慣、授業規律の共有

   ・「学校いじめ対策委員会」の設置

   ・「学校サポートチーム」の活用

   ・「学校いじめ防止基本方針」の学校ホームページ掲載(内容の周知)

・学校評価による検証と基本方針の見直し

・「SNS東京ノート」を活用した情報モラル教育の推進

・身近な大人に相談することを学ぶ「SOSの出し方に関する教育」の推進

・全教職員がいつでも相談に応じる体制と児童への周知

  

 (2)早期発見のための取組

・朝の健康観察や「いじめ発見のチェックシート」を用いた状況観察

    ・毎木曜日の生活指導朝会等を利用した情報共有

・「いじめ実態調査」の実施・分析・保管・活用 

*年3回の児童アンケートは、状況を多面的に、また、正確に把握するために、記名の有無、アンケートの回答方法等、画一ではなく様々な回答方法で実施する。

*年3回の児童アンケート調査後には、必ず「学校いじめ対策委員会」を開催し、教員が情報を共有するとともに、対策を検討・実施する。    

    ・担任やスクールカウンセラーによる児童面接(年間3回程度)、保護者相談の実施

    ・学校だよりや保護者会等を活用した、いじめに関する情報の早期把握

    ・定期的な外部相談機関等の周知・活用法の指導

    *東村山市不登校未然防止・早期発見・早期対応マニュアルの活用

 

(3)早期対応のための取組

    @初期対応の取組

    ・教職員一人一人の気付きを大切にし、軽微ないじめも見逃さない。

    ・教職員が「チーム」として、児童に積極的に関わる。

    ・生活指導朝会を活用して、全職員が情報を共有し、報告、連絡、相談体制を確実にし、発見、即対応を徹底する。

 

    A被害児童への取組

    ・被害児童の訴えを共感的に受けとめ、被害児童の希望を最優先させ迅速に対応する。

    ・対応は、「チーム」として複数で実施する。

・スクールカウンセラー、養護教諭、専科教員、教員サポーターと連携した対応を行う。

    ・保護者への連絡と連携を、誠意をもって行う。

 

    B加害児童・生徒への取組

    ・いじめは何があっても許されないという指導を徹底する。

    ・担任、管理職による指導、スクールカウンセラーによるカウンセリングを活用する。

    ・いじめを行った児童保護者への連絡(情報提供)と連携。また、家庭と連携し、指導を実施する。

 

    C周囲の児童への取組

    ・いじめは何があっても許されないという指導を徹底する。

    ・学校は何があっても児童を守るということを伝える。

    ・学年、学級での全体指導を実施し、全学級が安定した学級を経営できるようにする。

 

    Dその他

    ・教育委員会への迅速な報告

    ・学校サポートチームとの連携

・保護者への連絡と連携を迅速に行う。

 

(4)重大事態への対処

      東村山市教育委員会への報告と連携を行うとともに、必要に応じて東村山警察署への相談や通報、東村山市子供家庭支援センター、その他関係機関等との連携を行う。

被害の児童に対しては、緊急避難措置等について検討・実施し、複数の教員による当該児童の保護や情報共有の徹底を図る。また、加害の児童やその保護者も含めた指導・支援を検討し、実施する。

 

4 校内における研修体制

   ・校内研修の実施(年間12回、各職員会議時)

     いじめの未然防止、いじめの対応、いじめ防止対策推進法、いじめ防止基本方針

生命尊重、自尊感情や自己肯定感

   ・人権尊重教育の推進と教師の指導力向上

    ○人権教育プログラム等を活用したに関する校内研究やOJT研修等による教師の人権感覚・

人権意識の向上

    ○児童の発達段階に応じた人権に関する知的理解と人権感覚(知識的側面・価値的側面

・態度的側面)の育成と向上

    ○生命尊重教育の充実 

○「いじめに関する授業」の研究授業 

 

 

5 いじめ解決の検証と改善、再発防止

   いじめられた児童がいじめから完全に解放され安心して学校生活を送ることができるようになったかどうか、被害児童・保護者・関係者から聞き取りを行う。また、いじめに係る行為が見られなくなってから、3か月程度経過観察した後、学校いじめ対策委員会において、いじめ解消を判断する)。また、いじめ再発防止に向けて継続して観察を行う。

   *尚、本校学校いじめ防止基本方針は定期的に見直し、改善・充実を図る。