教育活動の様子(フォト日記)

6月22日(月) 全校テレビ放送朝会

 朝から小雨模様のため、朝会はテレビ放送で行いました。スタジオで話をする校長先生の姿が、全教室のテレビに映し出されました。今日は「カニの日」でした。

 


6月10日(水)5年田植え

 5年生が、学校の敷地内にある「南台田んぼ」で、田植えを行いました。苗は、東村山市の姉妹都市である新潟県柏崎市から届いたものです。例年は、苗と共にJA柏崎の方が、田植えの指導に来てくださっていましたが、今年は苗だけです。
 子供たちは、初めての田植え体験に目を輝かせて取り組みました。

 


6月8日(月) 今年度最初の給食

 新型コロナウイルス感染による影響から,午前と午後の「分散登校」が継続されるかもしれない事態を想定して,6月第二週は「お弁当給食」としました。
 このため,子供たちの給食当番はなく,教職員が子供たち一人ひとりに配膳を行いました。
 どの学級もおしゃべりをすることなく,前を向いて静かに食べていました。特に1年生にとって,はじめての給食だったにもかかわらず,距離を取っての手洗いや,黙って待ったりおしゃべりをしないで食べたりと驚くほど静かに整然としていました。

 


6月8日(月) 通常授業開始

 南台小学校の令和2年度の教育活動がこの日から本格的に始まりました。
 マスクをしているため,子供たちの表情は分かりにくいのですが,どの子もとても嬉しそうでした。

 


6月1日(月) 学校再開(ふふふタイム)

 各学級が二つのグループに分かれて午前中前半・後半と2時間ずつの授業は前週と変わりませんが,この日から,「学校再開」ということで,どの学年も毎日登校するようになりました。
 そして,学級が一堂に会する「ふふふタイム」も僅か10分程度でしたが,この日,今年度初めて,学校に1年生から6年生までの全校児童がいたことになります。