校長より

校長 鶴田 誠二郎

 はじめまして,このたび江戸川区立臨海小学校から転任してまいりました校長の鶴田誠二郎です。九州福岡で育ち,大学入学で上京以来,東京で教員として過ごし,このたび縁あって緑豊かな本校に着任することができ大変嬉しく思っています。
 令和3年4月6日には,春のあたたかな春の日差しの下,新一年生61名を含め,児童合計381人と令和3年度をスタートすることができました。入学式での1年生は,緊張した表情はあるものの,胸を張った凛とした姿に,小学校で頑張るぞと言うやる気を感じました。私たち教職員一同で,1年生のやる気をさらに高め,成長できるよう支えてまいります。
 次に,私が目指したい学校の姿について書きたいと思います。
私が目指したい学校の姿は,

「今日が楽しく明日が待ち遠しい学校」

です。
 「楽しく」とは,「楽(らく)」という楽しくではありません。楽しさを味わう前には苦しさや困難があるでしょう。それを乗り越えて見えてくる「楽しさ」を味わって欲しいと願っています。そのためには,自分の居場所がある,自分が取り組む学びの内容や方法が分かっている,さらに一緒に支えてくれる友がいる,導き見守ってくれる先生がいることが不可欠です。そして,「明日が待ち遠しい」とは,今日やり遂げられたので,さらに高みを目指したいという意欲にあふれ,明日の登校が待ち遠しいという状況です。
 今どきの子供の中には,「どうせできない」「私には無理」と自己を否定したり,すぐに諦めたりする姿を目にします。コロナ禍で,いろいろなことができず,自信を失っている子もいるでしょう。だからこそ,友達や先生と力を合わせ,困難を乗り越え,その先にある楽しさ,嬉しさをつかみ,笑顔があふれて欲しいと願っています。
 ここまで目指したい学校の姿を書きましたが,これには保護者・地域の皆様のご協力が欠かせません。ご家庭では,お子さんが話す学校での頑張りを,たくさん褒め,明日への勇気を持たせてください。地域の皆さんはあたたかい声掛けで,安心を与えて頂けたら嬉しいです。コロナの影響で,様々な変更が出るかもしれませんが,そのような中でも,子供たちの笑顔を沢山生み出せるよう教職員一同,全力を尽くしますので,昨年同様のご協力をよろしくお願いいたします。


教育目標

やさしい子  たくましい子  まなびあう子

人間としての調和がとれ,心身共に健康で,主体的に学ぶことができる児童の育成を目指します。