学校紹介



この度は、東村山市立東萩山小学校のホームページにようこそお出でくださいました。
本校では、目指す児童像を「認め合い 高め合う子」とし、以下を教育目標としています。
◎思いやりのある子(重点)
○考えて行動する子
○自ら学ぶ子
思いやりのある子の育成では、人権尊重の精神に基づき、命の大切さを常に実感させ、人、自然、社会への親愛の情を
重視した活動を通して、他人への思いやりの心と自己肯定感をもった『自分も他の人も大切にする』児童を育成します。また、『いじめは絶対許さない、いじめられている児童を必ず守り通す』という強い信念の下、学校組織として早期発見、早期対応に努め、いじめ発生0を目指します。
学校教育の大きな役割の一つとして、学力を確実に児童に身に付けさせることにあると考えます。様々な可能性をもっている子ども達に、義務教育で培うべき学習内容をしっかり身に付けさせ、自己実現を図らせていくことが最も大切なことです。本校は、28,29年度東村山市教育委員会研究奨励校として、「考える楽しさ 分かる喜び」を研究主題に据え、習熟の程度に応じた算数の授業づくりについて研究をしてまいりました。その成果と課題を踏まえ、学力向上のための指導の在り方を検討し、実践していきます。
学校で友達と遊ぶことが楽しい、行事にやりがいがある、給食が好きだ等々、学校生活における子どもたちの成就感、達成感は、様々な視点から得られます。その中で最も重要なことは、「勉強が分かるから授業が楽しい」、「明日も楽しい授業を受けてみたい」と子どもたちが授業の中で成就感・達成感及び自己肯定感を感じることです。そのためには、教員そして学校の不断の努力が必要でありますし、家庭での学習も大切です。『早寝早起き朝ご飯』等、ご家庭の役割についても十分ご理解いただければ幸いです
保護者、地域の皆様方には、一層のご支援、ご協力を頂きますよう、よろしくお願いいたします。

                              東村山市立東萩山小学校  校長 矢部裕之


教育目標

☆目指す児童像「認め合い 高め合う子」☆

◎思いやりのある子
〇考えて行動する子
〇自ら学ぶ子



沿革史
リンク先は こちら

  

安定と調和をあらわす菱形の中央に校名、学校の所在地「萩山」ゆかりの植物、萩の葉を小の字に見たて左右対称に配している。
昭和45年10月19日制定。
校章バッチ・・・台は洋銀。地はえんじ。萩の葉は緑。校名は白の七宝焼き



          

アクセス

地図を見る