学校の沿革





昭和53年 4月21日 東村山市立秋津東小学校開校
初代校長 小林茂夫以下26名着任
6月 8日 校章制定
7月14日 開校記念式典挙行
7月15日 プール竣工
10月 8日 第1回 大運動会
11月30日 体育館落成
昭和54年 2月3日 第1回 展覧会
3月23日 第1回 卒業式
6月23日 第1回 開校記念日
11月17日〜18日 第1回 学芸会
昭和56年 3月24日 校歌制定 作詞 谷川俊太郎 作曲 湯浅譲二
昭和58年 3月15日 校内研究「たくましい子を育てる指導」(道徳、生活、生活指導)
昭和59年 4月 1日 第二代校長 椎木宏二着任
昭和60年 3月10日 校内研究「文章を読みとることを通して考える力を育てる指導」(国語科)
昭和61年 3月 6日 校内研究「一人一人の子どもの考えを育てる指導法の研究」(算数科)
昭和62年 4月 1日 第三代校長 小出復着任
昭和63年11月10日 創立十周年記念式典挙行
平成元年 3月 7日 校内研究「学習意欲を高めるための指導法の工夫」(教材、教具の活用を通して)
平成2年 3月 5日 校内研究「意欲的に取り組む児童を育てる指導の工夫」(社会科)
4月 1日 第四代校長 吉野卓夫着任
平成4年 3月10日 校内研究「意欲的に取り組む児童を育てる指導法の工夫」(体育科)
平成5年 4月 1日 第五代校長 両澤清着任
平成6年 3月22日 校内研究「児童が意欲的に取り組む学習活動の工夫」(体育科)
平成7年 3月10日 校内研究「個性を生かし意欲的に活動する児童の育成」(社会科、理科、図工)
平成8年 4月 1日 第六代校長 石川要一着任
平成9年11月30日 コンピューター室、図書室完成
平成10年 3月16日 校内研究「自ら学ぶ児童の育成」(コンピュータの活用を通しての指導法の工夫」
11月21日 創立二十周年記念式典挙行
平成11年 4月 1日 「特色ある教育活動」ミニちろりん村づくり
平成13年 4月 1日 第七代校長 小関禮子着任
研究主題「かかわりを大切にする児童の育成」
9月17日 「秋津の園」との交流開始
平成14年 4月 1日 「はるびの郷」との交流開始
平成15年 4月 1日 市研究奨励校「すすんで学ぶ子の育成」指定
少人数指導開始
給食民間委託開始
PTA設立
平成16年11月30日 市研究奨励校研究発表 「すすんで学ぶ子の育成」
平成17年 4月 1日 第八代校長 山口尚子着任
平成17年 7月30日 校庭改修
平成19年 2月22日 体育館屋根改修
3月15日 防犯カメラ設置
平成20年 4月 1日 第九代校長 西 俊幸 着任
平成24年 4月 1日 第十代校長 宗像 宏中 着任
平成25年 4月 1日 第十一代校長 桑名 淳 着任
平成28年 4月 1日 第十二代校長 矢部 裕之 着任
 平成29年 2月27日 東京都体力向上推進校表彰
 平成29年 9月15日 特別教室空調設置
平成30年 9月26日 共同事務室開設






校章のいわれ





 校名の入った六角形を中心にして三方にひろがっている形は、市の樹「けやき」の根・幹・枝・葉を形どっています。大樹の根・幹・枝・葉はそれぞれ大切な役目があり貴重なものです。これを社会におきかえると、子どもたちは、社会の根・幹・枝・葉になるべき貴重な存在となります。
 これを受けて、本校で基礎の力と豊かな情操をしっかりと身につけて、広く社会において活躍してほしいという願いが込められています。






校 歌





秋津東小学校 校歌
谷川俊太郎 作詞
湯浅 譲二 作曲
一、生きてるのって おもしろい
   知らないことがいっぱいだ
   けやきが空を ゆびさすように
   こころはうちゅうに といかける
   ここからとおくへ 秋津東小学校

二、生きてるのって すばらしい
   やりたいことが いっぱいだ
   けやきが土に 根をはるように
   からだはちきゅうを ふみしめる
   きょうからあしたへ 秋津東小学校