教育目標

生命尊重と人権尊重を基調とし、人や自然・モノと豊かにかかわり、
自ら課題を見つけ考え判断し、すすんで取り組む児童の育成を目指す。 

すすんで学ぶ子
  自ら学ぶ意欲を育むとともに、基礎的・基本的な内容を確実に身につけ、自分で考え判断し、よりよく問題を解決する人間を育てる。
  • 個に応じる指導体制の充実→教科担任制の実施・少人数指導の充実
  • 3R’Sの基礎学力の定着と創造性の育成
  • 課題解決学習、体験学習の重視
  • 指導と評価の一体化、肯定的評価の工夫
  • 年間指導計画の実践的検討(PDSAの重視)

思いやりのある子
 人や自然との共生を目指す、優しい心をもった人間を育てる。
  • 自然体験、社会体験の重視→異学年交流(ひまわり班の充実)・飼育栽培活動(ミニちろりん村の充実)
  • 文部科学省「人権教育総合推進地域」(市全体)の取り組み

元気な子
 健康な心身と強い意思、たくましい実行力をもった人間を育てる。
  • 道徳の時間の指導の充実・挨拶、言葉遣いの指導
  • 粘り強く取り組み、やりとげた成就感を持たせる
  • 多種多様な運動の継続的な実施


目指す学校像

すすんで学ぶ子の育成

るく
元気な子
れいな
ことばづかいのできる子
きない
探究心を
育てる
がる夢をはぐくむ 校をめざす 摯な
教職員が
集う
つきない探究心を育て、広がる夢をはぐくむ学校


確かな学力 充実した学校生活 家庭・地域との連携
◇基礎・基本の充実
◇楽しくてよく分かる授業の推進
◇体験活動を生かした学びの充実
◇意欲を持って学ぶ子の育成
◇よく考えて判断する子の育成
◇自己表現のできる子の育成
◇言語環境の整備
◇コミュニケーション能力の育成
◇いのちの教育こころの教育の充実
◇人権教育の推進
◇一人一人が安心して生活できる指導体制の充実
◇健康な体つくりの推進


◇PTAを柱に家庭・地域等との協働活動の推進
◇地域の人材を生かした教育活動の推進
◇子供一人一人が安心して自分を発揮できる学校地域に
・ゆとりのある学びの時間の保障
・少人数学習(算数)指導の充実・改善
・ゲストティーチャーの活用
・サマースクール(チャレンジスクール)の充実
・学力向上に向けた研究の充実
・ちろりん村、ミニちろりん村での体験活動の推進
・あきつの園、多摩全生園等との交流活動の推進
・ひまわり(たてわり)班活動
・児童会集会活動(子どもまつり、1年生を迎える会等)
・遠足、5年・6年移動教室
・運動会
・音楽会
・朝の運動(わくわくタイム)・走ろう会
・委員会活動・クラブ活動
・学校公開(授業参観等)の充実
・保護者会・個人面談の充実
・保育園・幼稚園・小学校・中学校との連携
・ゆうゆうホリデー(土曜講座)
・長寿を共に祝う会
・第六地区青少対・白州キャンプ・子ども大会
・安全ネットワーク作り