きれいなことば、きれいなこころ運動20年
創立40周年 野火止小学校



東村山市立野火止小学校長 伊藤 浩介


 なかなか児童に接することのできない令和2年度のスタートです。あらためて、児童の
「ヘルス・プロモーション(健康を維持していく力)、国際的に注目されます「持続可能な開発目標 SDGs(エス・ディー・ジーズ)」の考え方を踏まえた学習が、今学校に求められております。よく自分で考え判断し、何事にも健康で立ち向かっていくたくましい児童。野火止小学校では、ここを目指してまいります。教職員一丸となって難局を乗り越え、たくましい児童を育てる教育活動を再開してまいります。関係の皆様の日々の大変なご苦労、学校へのご理解に感謝し、まずは一時間一時間の授業を取り戻してまいりますので、これからこそ一体となったご協力を強くお願い申し上げます。

                 
【野火止小学校の学校目標】
   ◎考える子(重点目標) 〇思いやりのある子 〇がんばる子 〇明るい子
【校内研究重点教科 国語科】
   研究主題 「自分の考えをもち、友達と学び合う子」 ―書くことを通して―
   
 昨年度までの「話すこと・聞くこと」の研究の成果を踏まえ、よりじっくりと思考して書く力を重点的に育成してまいります。考えて書く、書いて考える。厭わず書く、書き慣れる、書くことそのものが楽しくなる・億劫でなくなる。そして再び、考えて書いたり書いて考えたりすることが習慣化する。このような姿を研究授業を中心に、身に付けてまいります。

c2012 Higashimurayama City Higashimurayama Nobidome Elementary school All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。