学校だより 令和3年6月号                 TOP学校長挨拶学校だより>6月号
 

    バーチャルとリアル            校 長 芦沢 茂樹

  学校では1年生がアサガオの種を植え、芽が出始めました。2年生はミニトマトの苗を、3年生は
 オクラやピーマンの苗を、4年生はヘチマ、ゴーヤの苗を植え、毎日水やりに励む姿が見られます。
 植物が大きく生長していくように、子供たちも学校生活での様々な体験や学びを通して大きく成長
 していってほしいと願っています。

  東村山スマートスクールが始まり、一人に一台タブレットが貸し出されました。全学級で初期設定が
 終わり、タブレットを使った学習が始まりました。教室を回っていると、全員が机の上にタブレットを
 開き学習を進めてる様子がいくつもの学級で見られます。昨年までの学校では見られなかった新鮮な
 姿です。今までもパソコン室でタイピング練習をしたり、ネットを使って調べ学習をしたりすることは
 日常的に行っていましたが、各学級で同時にそのような学習を進めたり、タブレットドリルを使って
 問題練習をしたり、中にはアンケート集計ソフトを使って調査をしたりする姿に新たな学習スタイルの
 到来を実感します。放送室からビデオカメラで撮影し、各学級で視聴していた全校朝会も、タブレットで
 撮影し教室で視聴する方法に変更しました。さらに6月26日(土)には5、6年生でリモート授業の
 試行も行い、3月までに全学年で試行する予定です。
  今はまだ物珍しいタブレットで、様々な試行を進める段階ですが、教科書、ノート、鉛筆と同じように、
 便利な道具として活用していかれるよう利用を進めて参ります。今後、タブレットを家庭に持ち帰り家庭
 学習で利用することも出てくるため、児童にタブレット利用のルールを示したプリントを配布しました。
 ぜひ、ご家庭でもお子様と一緒にご確認ください。
  タブレットを活用したバーチャルな学習は今後確実に広がって行きますが、一方で直接体験、リアルな
 学習も大切にして参ります。今月1年生から3年生が学年ごとに体育館で音楽鑑賞教室を開催し、
 ピアノとバイオリンの演奏を鑑賞しました。6年生は6月、所沢ミューズで3年ぶりの音楽鑑賞教室に
 行ってきます。4年生は消防写生会を行いましたが、東村山消防署、秋津出張所、消防団第二分団から
 はしご車と二台のポンプ車を展示していただきました。また秋水園に見学に行き、ゴミ処理の様子を
 目の当たりにしてきました。5月24日からは教員を目指す大学生が教育実習を行っています。これらの
 活動もVR技術の進歩により、仮想現実として行われる日も遠くはないのかもしれません。それでも
 やはり、実体験することで実感できることもたくさんあると思います。
  タブレットを活用した東村山スマートスクールはスタートしたばかりです。一人一人の課題に応じた
 学びや双方向での学びの実現に向け、全学級、全教科でタブレットの活用を進めて参ります。
 それとともに、子供たちが実感を伴った学びが実現するよう工夫して参ります。バーチャルとリアルの
 どちらも大切にし、子どもたち一人一人の「分かった、出来た」笑顔を目指して今後も教育活動の充実、
 改善を進めて参ります。


戻 る