東京都 | 東村山市 | 市内の小中学校 | ホーム
学校概要 教育内容 学校生活 学校長より 学校だより 部活動 国際交流 アクセス

▼学校長より

校長のあいさつ

                                                           

  平成30年4月
東村山市立東村山第二中学校

校長  渡 邉 宏 一
 
 東村山市立東村山第二中学校は、昭和35(1960)年4月に、当時の保護者や地域の方々をはじめ、多くの皆さまの期待と希望の中で開校しました。校章のデザインは、すべての形が点からはじまり、線になり、三角形・四角形と増すごとに円形になっていく過程を表しています。これと同じように、本校の生徒一人一人が学問の基礎、社会人としての基礎を身に付けて、義務教育としての中学校の目標である立派で円満な社会人となるようにとの願いが込められています。
 本校は東村山市の北に位置し、近くには狭山丘陵からのびる「トトロの森」で有名な八国山があり、豊かな自然にも恵まれています。
 そして、地域の方々や先輩職員のご理解とご協力のお陰をもちまして、創立59年目を迎えることができました。創立以来、昨年度末で13,800名を超える人材を輩出し、卒業生はこの東村山市をはじめとして、各地で活躍されています。
 平成30年度は新入生241名が入学し、全校生徒709名(4月9日現在)となりました。本校の学校教育目標は、○自ら学び考え行動する人になろう[自主]、○心身を鍛え健康な人になろう[健康]、○広く他を思いやる人になろう[豊かな心]です。
 「自主」「健康」「豊かな心」この3つの力は、どのように社会が変化しようと、社会人として生きていくためには、きわめて重要となります。


 本校は1学期の運動会、2学期の合唱コンクール・マラソン大会、3学期の学習発表会を中心にした学校行事が盛んで、生徒活動や部活動がとても活発な中学校です。
 特に、目指す生徒像の1つとして、「集団や社会の一員として自覚し、地域社会に貢献できる生徒」を掲げ、生徒も教職員も地域活動に積極的に携わっています。

 これからも、生徒たちにとっては「達成感や充実感が味わえる学校」、保護者にとっては「第二中学校に入学させて良かったと思える学校」、地域の方々には「第二中学校が誇りに感じる学校」づくりを、そして、本校教職員にとっては「やりがいが感じられる学校」を目指し、教育活動の充実や教育環境の整備に全力で努めます。
 
本年度も今まで以上のご理解とご協力をお願いします。


 

▲上に戻る▲


c2018 City of Higashimurayama All Right Reserved.
東村山市は当ページの情報に関する全ての著作権を有します
当ページに掲載されている記事・画像・図表などの無断転載を禁じます。