教育目標

   すなおに学び

    ひたむきに鍛え

   こころ豊かな

   三中生
平成30年度 学校経営方針(抜粋)

めざす学校像

○ 生徒が主体的な創造をする、地域に根ざした活力ある学校


めざす生徒像

○ 自らを認め、他に対する思いやりの心を持ち、友と学校を愛する生徒


めざす教師像

○ 常に向上心を持ち、あたたかな指導が出来るプロ意識の高い教師


基本方針

「人権尊重の教育」
人権意識を身に付けさせるために、全教育活動を通して人権尊重を基本とした教育活動を推進し、人間性豊かな生徒を育成し、その上で全人的成長を図る教育活動を展開する。特にいじめの根絶・不登校の減少のために、生徒理解、保護者・地域との連携を密にする。

「道徳教育の推進」
自他の生命や人格を尊重することができ、思いやりの心や自律の精神を身に付けた豊かな心を持つ生徒を育成するために、全教育活動を通して道徳教育を行い「いのちとこころの教育」の具現化を図る。

「授業規律の確立と内容の充実」

学力・体力・心のバランスのとれた生徒を育成するために、授業規律を重視し、基礎的・基本的な内容の習得を図る。
また授業改善プランの検証を基に、授業改善に取り組み、ユニバーサル・デザインを基盤にして言語能力を高め、生徒個々に適した学習活動を推進する。

「体験的活動の重視」
生徒の自主・自律の精神を育成するために、学校行事や生徒会活動等、生徒の主体性を生かした体験的活動を重視し、一人一人の個性や能力の伸長を図り、生徒に成就感を持たせる活動を行う。同時に学校全体として特別活動の系統性を持たせるために、一定の統一化を図る。

「国際理解・健康・環境教育」
オリンピック・パラリンピック教育を推進することで、体力の向上と共に異文化理解を深め、国際理解教育・障害者理解教育の推進を図る。また、健康教育(食育)、環境教育等に対して積極的に取り組むことで、様々な課題に対応できる生徒を育成する。



平成30年度 授業改善推進プラン
平成30年度 授業改善推進プラン 全体計画
平成30年度 授業改善推進プラン (第一学年)
平成30年度 授業改善推進プラン (第二学年)
平成30年度 授業改善推進プラン (第三学年)
**クリックするとPDFファイルで開きます。**
 
PDF形式のファイルを開くには
Adobe Acrobat Reader DCが必要です。
お持ちでない方は
Adobe社から無償でダウンロードできます。

 

 
沿革史  
昭和36. 4. 1 東村山町立東村山第一中学校内に同校分校として発足
昭和36. 9. 1 東村山町立東村山第三中学校設立認可(生徒数438名、11学級)
       初代 井口 幾治郎 校長着任
昭和37. 1.31 開校式、校舎落成式 校章制定
昭和38. 2. 1 校歌制定
昭和38. 3.20 第1回卒業式挙行 (卒業生225名)
昭和39. 4. 1 東村山市立東村山第三中学校と校名変更
昭和40.12.10 体育館竣工
昭和41. 4. 1 第2代 大町 晋  校長着任
昭和41. 7.31 プール完成
昭和42. 1.31 鉄筋コンクリート4階建校舎竣工
昭和45. 4. 1 第3代 竹村 澄  校長着任
昭和45.11.20 新設中学校(仮称第五中学校)開設準備委員会
昭和46. 7.20 三中と五中の別れの会
昭和48. 4. 1 第4代 小島 五郎 校長着任
昭和53. 4. 1 第5代 神宮長流人 校長着任
昭和56. 4. 1 第6代 菊地 卓爾 校長着任
昭和59. 4. 1 第7代 松永 安誠 校長着任
昭和63. 4. 1 第8代 熊谷  康 校長着任
平成 4. 4. 1 第9代 田本  昇 校長着任
平成 7. 4. 1 第10代 金澤  實 校長着任
平成10. 4. 1 第11代 假屋 昭敏 校長着任
平成13. 4. 1 萩山分校開校
平成15. 4. 1 第12代 高橋 治憲 校長着任
       みどり野学級開設
平成17. 4. 1 第13代 宇賀神國夫 校長着任
平成21. 4. 1 第14代 渡邉 仙二 校長着任
平成24. 4. 1 第15代 田所 コ雄 統括校長着任
平成27. 4. 1 第16代 川崎 達也 統括校長着任
平成29. 4. 1 第17代 太田  元 統括校長着任


 
校章
デザインは武蔵野の雑木林の木の葉を3枚配置し、
その上に雪の結晶と中学校の「中」の字を入れ、
風雪に耐えるたくましさを願ったものです。
校歌
     井口 幾治郎作詞 瀬戸山 裕子作曲

一 緑にもえる 武蔵野の
  希望の光 さすところ
  尊いいのち はぐくんで
  心豊かに 伸びゆこう
  栄えよ 三中 さちあるわれら

二 真澄の空にそびえ立つ
  富士の高嶺を 仰ぎつつ
  真理を求め たくましく
  学び進もう もろともに
  栄えよ 三中 希望のわれら

三 多摩の湖 風清く
  遠山なみは 晴れ渡る
  未来をになう 若人の
  ゆくてははるか かがやかに
  栄えよ 三中 伸びゆくわれら