ホーム 学校概要 教育内容 学校長より 校歌 年間予定 地図
学校生活 部活動 相談室より PTA ホリデーネット
学校長より
 
   ようこそ、東村山第四中学校ホームページへ
校 長 齋藤 健一
 
 
 東村山第四中学校は、菖蒲祭りで有名な北山公園やトトロの森にたとえられる八国山のすぐ近くにあります。校舎からは奥多摩の山々や西武園遊園地の大観覧車も間近に眺めることができます。
 生徒たちは豊かな自然と温かな地域の方々に育まれ、日々の学習活動や部活動、学校行事などに熱心に取組んでいます。
 このホームページをとおして、生き生きとした生徒たちの学校生活をお伝えできれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。



No.13 令和2年3月23日

新年度に向けて


校 長 齋藤 健一
 令和元年度(平成31年度)が3学期後半の3月2日から新型コロナウィルス対応のための臨時休校により、急な形で終わってしまうような状態になってしまいました。
 東村山市では、修了式までの中で各学年1日だけ、短時間ですが登校日が設けられました。登校日には学年の先生方だけでなく、他学年の先生方も校門まで迎えに出て、笑顔で挨拶をかわしました。生徒同士もうれしそうに登校し、笑い声や元気な声が久しぶりに校舎を包みました。
 「やはり、学校は生徒が居てこそ、学校。」と、しみじみ感じながら、今まで当たり前だった学校生活は、とても大切でありがたく、かけがえのない日常であったと、学校に関わるすべての人が思いを新たにしました。
 現時点では、部活動も実施できない臨時休業の状態は4月5日までです。4月6日の始業式からは、元どおり今年度当初のような健全な教育活動が実施できることを願っています。
 生徒のみなさんには、4月から順調に学校生活に戻れるように、春季休業中に生活のリズムが崩れることのないよう、自分を律した生活を実践してほしいと思います。


 学校長 バックナンバー

 ▼No.1 平成31年 4月  入学式を終えて
 ▼No.2 令和元年 5月  今年度から「特別支援教室ARCH(アーチ)」が開設されます
 ▼No.3 令和元年 5月  誰かに相談できるということ 〜子どもたちが相談できる大人の存在〜
 ▼No.4 令和元年 6月  第1回学校評議員会
 ▼No.5 令和元年 6月  食育とスクールランチ〜食育の生きた教材〜
 ▼No.6 令和元年 7月  地域に見守られ、育つ四中生の姿
 ▼No.7 令和元年 9月  『挨拶』で関わる
 ▼No.8 令和元年 10月  女将さんからのお礼状
 ▼No.9 令和元年 11月  「主体的に学習に取り組む態度」の評価
 ▼No.10
令和元年 12月  ボランティア活動について
 ▼No.11
令和2年 1月  令和2年を迎えて
 ▼No.12 令和2年 2月  ハンセン病資料館・多磨全生園を訪れて


令和2年度 学 校 経 営 方 針
東村山市教育委員会の教育目標を受け人権尊重の精神のもと主体性をもち個性と創造力を兼ねそなえ社会貢献ができる人材を育成する。活力にあふれ、これからの時代をたくましく生きる人間の輩出を目指し教育目標および目指す学校像を設定する。
◆教育目標◆
・自ら考え、判断し、進んで学ぶ生徒
・自らの行動に責任をもち、思いやりと奉仕の心がある生徒
・豊かな情操を育て、健やかな心と身体を培う生徒
◆目指す学校像(学校のビジョン)◆
○子どもにとって
・明日もまた行きたいと思う学校
・成長を実感できる学校
○教職員にとって
・自己研鑽に励み協力して進める学校
・経営参画の意識をもち、東村山四中教職員としての喜びや誇りを実感できる学校
○保護者、地域にとって
・協力して子どもたちの成長にかかわっていると実感できる学校
・生徒を育てているようすがよくわかる学校
 ◆今年度の取組目標◆   
T.学力向上にかかわること 
・生徒同士のかかわりを大切にし、主体的な学びをすすめる。
・生徒が「分かった」と思える授業、力が付いたと実感できる授業の推進に努める。
・生徒一人一人の学習状況を的確に把握し「つまずき」への個別対応をすすめる。
U.健全育成にかかわること
・あいさつや言葉づかい、時間をまもる等、当たり前のことを当たり前にできる生活習慣が身に付くよう指導の徹底を図る。
・いじめや不登校等の未然防止に努める。
生徒理解 個性を大切にし、お互いを認め合う望ましい学級集団の形成と一人の生徒に複数の教職員がかかわることで多角的な生徒理解を図る。
教育相談 生徒一人一人が抱える様々な悩みに対してきめ細かく対応するため組織的に教育相談を行う。
V.健康や体力づくりにかかわること 
・健康維持への関心を高める。
W.保護者、地域との連携にかかわること
・土曜授業の実施や学校だより、学校ホームページの充実を図ることで学校のようすを保護者、地域に知らせる。
・「職場体験」や地域行事への参加等、地域と連携した体験的行事の充実を図る。
X.特色ある学校づくりにかかわること
・ボランティア活動の活性化を図ることにより、地域社会への参加意識を高める。
 (ホリデーネットワークとの連携を図る。)
・いのちとこころの教育を推進する。
・通常学級と特別支援教室ARCH(アーチ)との連携をすすめ、特別支援教育の推進を図る。


▲上に戻る▲
 ●  ● ● ●  ● ● ●  ● ● ●  ● ●  ● ● ● ●  ● ●  ● ● ● ●  ● ● 

c2013 City of Higashimurayama All Rights Reserved.
東村山市は当ページの情報に関する全ての著作権を有します
当ページに掲載されている記事・画像・図表などの無断転載を禁じます